県体育協会は12日、福島市でスポーツ医・科学委員会を開き、国体選手へのアンチ・ドーピングに関する意識調査の結果を公表した。薬を使う際、ドーピング検査に関わる薬かの確認を「している」と回答した選手は47%にとどまった。

...    
<記事全文を読む>