葛西紀明(土屋ホーム)ら日本男子チームが12日、ワールドカップ(W杯)遠征のため羽田空港から出発した。今季10位(個人)が最高成績の葛西は「納得のジャンプはまだできていないが、調子は上がっている。風と運をつかんで最高のジャンプをしたい」と意気込みを示した。

 13日に予選が行われるW杯ビスワ大会(ポーランド)には、W杯歴代最多53勝を誇る27歳のシュリーレンツァウアー(オーストリア)が休養から約1年ぶりに復帰する可能性があり、葛西にとって大きな刺激になりそうだ。

 年末年始のW杯遠征中、会場で再会した際に「(試合に)戻ってくる日を待っているよ」「あなたも頑張ってますね」などと旧交を温めたと...    
<記事全文を読む>