米プロフットボールNFLのプレーオフで、ナショナル・カンファレンス(NFC)の準決勝が14日(日本時間15日)に行われるのを前に、NFC南地区1位で1回戦不戦勝だったファルコンズのクオーターバック(QB)、ライアンが好調を維持している。

 4季ぶりのプレーオフに進出したファルコンズは今季、リーグ最多の平均33・8得点。強力攻撃陣を率いるライアンは、パス獲得距離4944ヤード、38タッチダウンパスともリーグ2位と実力を示した。

 準決勝ではNFC西地区1位のシーホークスと対戦する。過去のプレーオフでは1勝4敗だが、31歳のベテランは「私はこれまで公式戦の1試合1試合で経験を積んできた」と自信...    
<記事全文を読む>