東京五輪・パラリンピックの事前合宿に向けて、フランス水泳連盟の役員が十一日、金沢市磯部町に四月にオープンする金沢プールを視察した。市と連盟は昨年十月、事前合宿に向けて覚書を交わしており、今春にも正式に実施が決まる。(山内晴信) 国内技術担当のジャック・ファブル氏と競泳副担当のジャン・リオネル・レイ氏が市職員の案内で、日本水泳連盟が国際基準に適しているとして公認した五十メートル室内プールや飛び込み、シンクロナイズドスイミング用プールなどを見て回った。周辺施設が利用可能かどうかを尋ね、写真を撮りながら細部を確認した。

 二人はこの後、市役所に山野之義市長を訪ねた。山野市長は「フランスの若い選...    
<記事全文を読む>