ラグビー・トップリーグ(TL)で2位のヤマハ発動機は14日、逆転Vの望みを持ってホームのヤマハスタジアムで6位トヨタ自動車との最終戦に臨む。14戦全勝で首位のサントリーとの勝ち点差は3。優勝にはサントリーが負けか引き分けの条件が必要だが、ヤマハ発は勝利あるのみ。清宮監督は「戦い方は変わらない。自分たちの潜在能力を出し切るだけ」と強調した。

 練習ではセットプレーの攻守の確認に時間を割いた。特に昨年12月の神戸製鋼、サントリー戦で苦しんだラインアウトは入念に見直した。指揮官は「あと3試合やるイメージでいく」とリーグ戦で有終の美を飾り、翌週からの日本選手権決勝まで戦う覚悟を選手に伝えた。

 三...    
<記事全文を読む>