アジア水泳選手権の水球競技で金メダルを獲得した長浜市出身の吉田拓馬選手(22)=日本体育大四年=に県民スポーツ大賞栄誉賞が贈られた。表彰式が十日に県庁であり、三日月大造知事から表彰状と記念品が手渡された。

 アジア選手権は十一月に東京都内で開催。吉田選手は初めて日本代表として国際大会を経験し、「ポセイドンジャパン」の一員として優勝に貢献した。

 三日月知事は「東京五輪に向けて、この経験を糧に活躍を」と期待。吉田選手は「リオ五輪後の日本代表の新チームに選ばれ、優勝できて率直にうれしい。東京五輪のメダル獲得を目標に励みたい」と応じた。

 吉田選手は、小学二年で地元の水泳教室で競技を始め、長浜北星...    
<記事全文を読む>