関西運動記者クラブが選ぶ「第60回関西スポーツ賞」が10日に決まり、リオデジャネイロ五輪で二つの銅メダルに輝いたシンクロナイズドスイミングの乾友紀子(井村シンクロク、芦屋大職)ら日本代表など2団体、5個人が選ばれた。

 乾のほか、神戸松蔭女大出身の中村麻衣、芦屋大出身の林愛子(いずれも井村シンクロク)らシンクロ日本代表は、リオ五輪で井村雅代ヘッドコーチの下、チームで3大会ぶりにメダルを獲得。乾は三井梨紗子と組んだデュエットでも銅メダルだった。団体では15歳(当時)で銅メダルを手にした伊藤美誠(スターツ)ら卓球団体女子日本代表も選出。個人はリオ五輪柔道男子73キロ級金メダルの大野将平(旭化...    
<記事全文を読む>