◎◎1歩、2歩でも前に  平昌五輪まで約1年。スピードスケートの佐藤綾乃(高崎健大)は、出場へ手の届く位置にいる。「今のままじゃまだまだ」と謙遜するが、昨年初出場したワールドカップ(W杯)では第4戦(12月)で団体追い抜きの優勝に貢献。「出られるとしたら団体追い抜きが一番近いと思う。サブではなく、本メンバーとして出て優勝したい」。期待のかかる20歳は、その言葉に少しだけ熱を込めた。  さとう・あやの 1996年12月生まれ。北海道真龍中―同釧路北陽高。2015年の全国高校選手権は1500、3000メートルで2冠を達成。2016年全日本ジュニア選手権総合優勝。同年に初出場したW杯では第2戦...    
<記事全文を読む>