大相撲初場所3日目(10日・両国国技館)盛岡市出身で西前頭11枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西10枚目の蒼国来につり出しで敗れ、初黒星を喫した。

 錦木は左四つで蒼国来に右上手を許して劣勢。土俵際で相手の攻めを懸命に残したが、右小手投げを試みて呼び込んでしまう。再び右上手を与え、つり出された。

 4日目は西13枚目の逸ノ城と対戦する。

...    
<記事全文を読む>