リオデジャネイロ五輪の金メダリスト金藤理絵さん(28)ら日本のトップスイマーによる水泳教室が九日、犬山市の犬山国際観光センターであった。

 リオ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで優勝した金藤さん、男子400メートルリレーで八位に入賞した小長谷研二さん(29)ら五人が講師を務め、中学生を中心に市内の児童と生徒八十人が参加した。

 講師たちは種目ごとに、腕や脚の使い方などを丁寧に説明し、参加者一人一人の泳ぎを丹念にチェックした。金藤さんは「個々のレベルを見極め、それに合ったアドバイスを心掛けている。どのぐらいできるかより、やろうという気持ちが大切」と話していた。

 「学んだことを次の大会に生か...    
<記事全文を読む>