戦後最大のイベント、東京五輪が生んだ英雄、円谷幸吉が亡くなって五十回忌を迎えた。27年の短い生涯を駆け抜けた円谷の姿はわれわれに何を残すのか。(宮田建)◎敗れざる人(2)古里の原風景/田園を犬と駆けた少年時代 須賀川市は福島県のほぼ中央に位置する。奈良・平安時代から交通の要衝として栄え、江戸時代は奥州街道屈指の宿場町でもあった。当時も今も俳諧が盛んで、俳聖松尾芭蕉がおくのほそ道の道中、8日も滞在し地元の俳人と交流している。

 円谷幸吉(1940~68年)の生家は町の中心部から南に1キロほど下った所にあった。周囲は田畑が広がり、どこにでもある片田舎だった。ちなみにウルトラマンやゴジラを生ん...    
<記事全文を読む>