アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは8日、日光霧降アイスアリーナで3位の王子と対戦、3-4で敗れ、3連勝を逃した。通算成績は16勝18敗の勝ち点44、順位は6位のまま。

 昨年末から王子に連勝中のバックスだったが、相手の鋭い出足に苦しみ開始1分、4分と連続失点。しかし、すぐにFW寺尾勇利(てらおゆうり)が1点を返し、追加点を奪われた後もDF伊藤剛史(いとうごうし)の得点で追いすがった。

 第2ピリオドにパスミスから失点したが、第3ピリオド14分37秒にはDF河合龍一(かわいりゅういち)が送ったパスにFW斎藤毅(さいとうたけし)が合わせて再び1点差。残り1分は6人攻撃を仕...    
<記事全文を読む>