日本学生氷上競技選手権第4日は8日、北海道の苫小牧市ハイランドスポーツセンターなどで行われ、フィギュアスケート男子は佐藤洸彬(ひろあき)(岩手大3年、盛岡中央高)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも2位となり、合計216・26点で準優勝を果たした。佐藤は一昨年6位、昨年は7位で初の表彰台。日野龍樹(中京大)がSP、フリーともに1位の合計226・22点で3連覇した。

 スピードスケートは女子1500メートルで高木美帆(日体大)が大会新の2分0秒29で4連覇し、3000メートルとの2冠を達成。男子1500メートルは前日の5000メートルに続いて土屋良輔(専大)が1分52秒43で...    
<記事全文を読む>