重量挙げの日本代表男子チームが、2020年の東京五輪を見据えた強化合宿のため8日、沖縄入りした。スポーツコミッション沖縄や国頭村などが那覇空港で歓迎式を行った。チームは総勢8人で、県勢はリオ五輪4位の糸数陽一(豊見城高―日大―警視庁)と知念光亮(沖国大3年)の2選手が参加。両選手は新しい年の県内始動に笑顔を見せながらも、技術力や体力のステップアップに決意を示した。

 合宿は国頭村くいなエコ・スポレク公園で21日まで行う。知念は空港で東京からの一行と合流。「東京五輪に向け、国内のレベルも上がっている。あと4年もないので気を引き締めて頑張る」と決意した。

 東京とメキシコシティ五輪の金メダリス...    
<記事全文を読む>