色鮮やかな振り袖や真新しいスーツに身を包んだ新成人が笑顔を振りまいた8日、故郷を離れ活躍するアスリートたちも本県で晴れの日を迎えた。2020年には最も脂ののりきった年頃になる「東京五輪世代」の若者たち。地元での式典で旧交を温めつつ、さらなる飛躍を誓った。

 ◆梶谷瑠哉さん(青山学院大・箱根駅伝でV) 865人が新成人となった日光市では、同市平ケ崎の今市文化会館での式典に今年の東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)1区で4位の力走を見せ、青山学院大の3連覇に貢献した同大2年梶谷瑠哉(かじたにりゅうや)さん(20)=同市出身=が出席した。

 梶谷さんが会場に姿を現すと同級生や恩師が集まり、「頑張っ...    
<記事全文を読む>