スピードスケート男子長距離の横山碧生(19)=県スケート連盟・山形中央高出=が、拠点とするオランダから一時帰国し、13日から山梨県で開かれる全日本ジュニア選手権に出場する。同校卒業後の昨年5月に同国に渡り現地のクラブチームで練習する日々。挑戦のさなかで成長の実感はまだ得られていないというが「速いタイムを出したい」と意気込んでいる。

 同校時代に全日本距離別選手権の5000メートル制覇やインターハイの1万メートル優勝などの実績を残した横山は、強豪国での武者修行を決意。ワールドカップ(W杯)が開かれるヘーレンフェインの競技場近くに住み、クラブチームに加わった。言葉の壁に苦労しながら練習し、昨...    
<記事全文を読む>