第78回県スキー選手権は8日、南砺市のたいらクロスカントリーコースで距離クラシカル(男子10キロ、女子5キロ)を行った。女子は宮木真帆(大沢野中3年)が16分22秒1で初優勝し、中学生として19大会ぶりの栄冠を手にした。男子は山下陽暉(はるき)(南砺平高3年)が26分11秒8で制して、前日のフリーに続き大会2冠を達成した。

 男子の2位は山下の兄、修司(日大4年)、3位は松原賢(立野ケ原スキークラブ)。女子は2位が広瀬悠(はるか)(雄山高2年)、3位が水口珠寿(すず)(南砺平高1年)だった。

 男子54人、女子22人が出場。一定の間隔を空けてスタートするインターバル方式で順位を競った。表彰...    
<記事全文を読む>