ハンドボール女子の日本リーグ第12週第1日は7日、高山市の飛騨高山ビッグアリーナなどで3試合を行い、飛騨高山ブラックブルズ岐阜は23-20で三重バイオレットアイリスを下し、今季初勝利を挙げた。通算1勝9敗で、順位は最下位のまま。

 前半、パスカットから池之端弥生や宮崎亜紀穂の速攻で得点を重ねたが、ゴール前でのパスミスやシュートミスも目立ち、10-12で折り返した。

 後半は、多彩なパス回しで相手を翻弄(ほんろう)し、立ち上がりから4連続得点。エース金恩恵が素早い攻めで6得点を重ねた。GK田口舞も好セーブを連発。8失点に抑えた。

 飛騨高山の次戦は同週第2日の9日、熊本県水俣市総合体育館でオム...    
<記事全文を読む>