リオデジャネイロ五輪シンクロナイズドスイミング・チームで銅メダルを獲得した箱山愛香選手(25)=長野市・長野シンクロクラブ、栗田病院=が14日から、小学生を対象としたシンクロ教室(全10回)を始める。五輪での活躍で集まった関心を競技人口の拡大につなげたい考えで、箱山選手は「たくさんの子どもたちにシンクロの楽しさを伝えたい」と意気込んでいる。

 リオ五輪のシンクロで日本はデュエットで2大会ぶり、チームで3大会ぶりのメダルを獲得。箱山選手は県出身選手としては夏季五輪水泳競技初のメダリストに輝いた。

 ただ、箱山選手らの活躍の一方で、競技人口は減少傾向にあるという。長野シンクロクラブによると、十...    
<記事全文を読む>