アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは7日、日光霧降アイスアリーナで3位の王子と対戦、4-3で逃げ切った。2連勝で通算成績は16勝17敗の勝ち点44。6位は変わらない。

 バックスは第1ピリオド4分29秒、相手反則で1人多いパワープレーの好機にFW斎藤毅(さいとうたけし)が先制点。7分後にDF伊藤剛史(いとうごうし)が追加点を挙げ、1点を返された後にはFWデイビッド・ボンク、FWユン・ジマンの得点で突き放した。

 3点リードで迎えた第2ピリオドはGK小野航平(おのこうへい)やDF佐藤大翔(さとうひろと)、伊藤らが2度のキルプレーをしのいで無失点。第3ピリオドに入って連続失...    
<記事全文を読む>