日本学生氷上選手権第3日は7日、苫小牧市ハイランドスポーツセンターほかで行われ、スピードスケート女子3000メートルで高木美帆(日体大―帯南商高)が4分13秒65の大会新記録で初優勝した。佐藤綾乃(高崎健康福祉大―釧北陽高)が2位だった。男子1000メートルは近藤太郎(専大―駒大苫小牧高)がリンク新記録の1分11秒79で優勝し、5000メートルは土屋良輔(専大)が大会新の6分36秒65で優勝。女子1000メートルは山田梨央(信州大)が制した。

 アイスホッケーは準々決勝4試合が行われ、2連覇を狙う中大などが準決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>