ウインタースポーツの本格シーズンを迎える県内だが、昨年に続く少雪で一部のスキー競技に影響が出ている。県中学大会は会場の雪不足で6日までに競技の中止や会場変更が決定。2月には県内で全国中学大会を控えており、まとまった降雪が待たれる。

 県中学校体育連盟によると、県中学大会の組織委員会で話し合い、昨年に続きアルペンとジャンプ・複合を中止することを6日、ホームページで公表した。14、15日に最上町の赤倉温泉スキー場で予定されていたアルペンは、同日程で上山市の蔵王ライザスキー場で東北、全国大会の選手選考会を開催する。ジャンプ・複合は9日に米沢市の御成山公園ジャンプ場と米沢総合公園特設クロスカント...    
<記事全文を読む>