今月にスキーの各種県大会が開かれる秋田県鹿角市の花輪スキー場で、積雪不足が続いている。5日開幕の予定だった同市郡の中学校スキー大会は安全面を考慮して中止になった。12日から順次始まる中学や高校の県大会への影響が懸念されている。

 花輪スキー場の積雪量は4日現在、10センチほど。一般客向けのゲレンデでは地面が露出している所もあった。クロスカントリーコースでは市内の小学生たちが今年の初練習に汗を流していたが、指導者は「雪が少なくて思い切り練習できない」と嘆いた。

 花輪スキー場では今月、県中学大会(12~15日)、県高校総体(13~17日)、県民体育大会(19~22日)の開催が予定されている。...    
<記事全文を読む>