2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、イタリア格闘技連盟が8日、新種目の空手の事前合宿候補地として御殿場市を視察することが4日までに市への取材で分かった。

 市は台湾、韓国の事前合宿を受け入れるホストタウンに登録されている。今後、イタリアとの調整次第でホストタウンの追加登録も検討するとしている。

 イタリア格闘技連盟は空手や柔道、レスリングなどの競技団体を統括する。同連盟のドメニコ・ファルコーネ会長ら3人が訪れ、市体育館や高校空手界の名門の御殿場西高などを見学する。

 同市は空手の競技人口が多く、地域のスポーツ文化として根付いている。市担当者は「決まったら最大限のおもてなしをしたい。イ...    
<記事全文を読む>