青森市の新極真会青森支部鳴海道場(鳴海沖人師範)に通う竹谷彩佑(あゆ)さん(17)=青森高校2年=が7月、カザフスタンで開かれる極真空手の世界大会「第6回全世界ウエイト制空手道選手権」に日本代表として出場する。大会は4年に1度開かれる世界最高峰の舞台。東北からは唯一の出場で、県勢では第1回大会で4位になった鳴海師範に続き歴代2人目の出場となる。竹谷さんは「出るからには優勝を目指したい」と張り切っている。

 大会は体重別のトーナメント戦で争い、竹谷さんは50キロ未満の軽量級に出場する。日本からは同階級に3選手が挑む。

...    
<記事全文を読む>