ラグビー日本代表で、母親が沖縄県浦添市出身の田村優(27)=明大出、NEC=が1日、沖縄タイムス社を訪れ、2017年の抱負を語った。「16年はとても充実した1年だった。ことしも常に新鮮なことが待っていると思うので、楽しみ」と頬を緩めた。(我喜屋あかね) 19年のワールドカップ(W杯)に向け、新たなスタートの年となった16年。2月には世界最高峰リーグのスーパーラグビー(SR)に日本のサンウルブズが参入し、メンバー入りした。

 また、15年のW杯を率いたエディ・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)の退任に伴ってジェイミー・ジョセフHCが就任し、新チームが発足。11月の欧州遠征ではジョージアを28...    
<記事全文を読む>