毎年、正月三が日に家族4世代18人でボウリング大会を開いてきた古見敬永さん(88)と節子さん(85)夫妻=那覇市=の「古見敬永杯」ボウリング大会が2日、南風原町のスポーツワールドサザンヒルで20回を迎えた。敬永さんは「3人の娘とそれぞれの旦那さん、孫やひ孫に恵まれ、本当に幸せだ。この大会が毎年の最高の楽しみで、あと10年は続けたい」と、幸せそうな笑顔で力強く語った。

 夫妻の3人の娘・古見聖美(さとみ)さん(57)、大川伊鈴さん(55)、内間光代(てるよ)さん(51)の3夫婦と、孫夫婦1組を加えた5組の夫婦対抗試合と、孫やひ孫による子どもたちの個人試合がある。優勝者には特製の優勝杯も贈呈...    
<記事全文を読む>