アメリカンフットボールの日本選手権、第70回ライスボウルは3日、東京ドームであり、学生代表の関学大は13-30で社会人代表の富士通に敗れ、15年ぶり2度目の日本一はならなかった。富士通は2年ぶり2度目の日本一。

 前半を0-20で折り返した関学大は23点を追う第3クオーター(Q)13分50秒、RB橋本のタッチダウン(TD)ランで反撃を開始。第4QにはQB伊豆からWR亀山へのTDパスなどで意地を見せたが、及ばなかった。

 学生は8年連続の敗退となり、通算成績は学生の12勝22敗。最優秀選手には、3本のTDパスを決めた富士通のQBキャメロンが選ばれた。

...    
<記事全文を読む>