【東京支社】国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者で2度目の防衛を果たした八重樫東(あきら)(大橋、黒沢尻工高-拓大)は世界戦から一夜明けた31日、横浜市内の所属ジムで会見した。八重樫は「TKO(勝ち)にはなったが、それまでの過程で甘い部分もあった。またたくさん練習していきたい」と反省と意気込みを語った。

 今や試合後のトレードマークとなった顔の腫れはほとんどなく、すっきりした表情で会見に臨んだ八重樫。「激闘王」の異名を持つが今回は足を使った戦いが光った。「収穫もあったが、まだまだ。もっと発展していけるスタイルを目指している」と内容には満足していない様子だった。

 左肩の治療中は「...    
<記事全文を読む>