2020年、東京五輪・パラリンピック。故郷を離れ、鍛える高知県出身選手がいる。夢の舞台まで約3年半。初出場を狙う選手を取り上げ、それぞれの「TOKYO物語」に迫る。【飛び込み】佐々木那奈(ささき・なな)さん 高知市出身。春野東小学校2年時に高知SCで競技を始め、土佐女子中時代に全国中学校大会板飛び込み連覇。JSS宝塚に移籍後、2016年ワールドカップなど国際大会で活躍。18歳。リオ逃した悔しさ力に 2016年のリオデジャネイロ五輪は、メダルラッシュに日本中が湧いた。残念だったのは、五輪選手の中に高知県出身者がいなかったこと。出身者でリオの地に立ったのは、パラリンピック車いすラグビー銅メ...    
<記事全文を読む>