二〇二〇年東京五輪・パラリンピックでは、県内でセーリングなど三競技が開催されるほか、県と五市二町が計五カ国のホストタウンとして登録された。このうち三カ国の事前キャンプ受け入れも決定した。

 競技は、セーリングの江の島ヨットハーバー(藤沢市)と、サッカーの横浜国際総合競技場(日産スタジアム、横浜市港北区)、野球・ソフトボールの横浜スタジアム(同市中区)が決まっている。パラリンピックの開催予定はない。

 参加国と自治体が交流する「ホストタウン」には、県などが計五カ国を対象に登録。このうち、アフリカ北東部にあるエリトリアは、事前キャンプを行う協定を、県などの自治体や大学・高校などを運営する「星槎...    
<記事全文を読む>