世界ボクシング協会(WBA)ダブル世界戦は31日に大田区総合体育館で行われ、スーパーフェザー級2位で前王者の内山高志(ワタナベ、春日部市出身、花咲徳栄高出)は、同級スーパー王者ジェスレル・コラレス(パナマ)に1ー2の判定で敗れた。■これが実力/内山高志の話 悔しいけどリターンマッチを受けてもらって、負けたのでこれが実力。コラレスが強かった。後半のパンチが当たるかと思ったけれども、意外に当たらなかった。(進退については)負けてしまったので特に言うことはない。せっかく大みそかに大勢の方に来てもらったのに申し訳ない。勝つ以外は考えていなかったので。

...    
<記事全文を読む>