大相撲幕内の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身)が31日、所属する出羽海部屋(東京都墨田区)で2016年の稽古を納めた。四股や腕立て伏せで軽めに体を動かした後、師匠の出羽海親方(元幕内小城乃花)の音頭で三本締めを幕下以下の力士と行った。  2桁勝利を3度挙げ、平幕下位の番付から新三役の小結まで昇進した1年。三賞獲得や横綱、大関との総当たり、インフルエンザの影響による休場など初めての経験が多かった。心技体の「心」が鍛えられたという。  24歳のホープは「1年は怒濤(どとう)だった。2017年も同じように振り返られるようにしたいし、やりがいのある上の地位で相撲を取り続けたい。まだまだ...    
<記事全文を読む>