大阪国際女子マラソン(29日)で5年ぶり2度目の優勝を果たした重友梨佐(29)=天満屋=が30日、岡山市内で取材に応じ「ほっとしているのが本音。たくさんの応援で苦しい時期を乗り越えることができ、こういう結果を持ち帰れて良かった」と心境を語った。

 この日帰岡した重友は終始、穏やかな表情。初優勝を飾りロンドン五輪代表に選ばれた2012年の大阪後は故障などで苦しんだだけに「諦めずに我慢してやり続けたら、形にできるんだというのを改めて感じた」とかみしめるように話した。

 レースは序盤で先頭集団から遅れたが、落ち着いてペースを守ると35キロすぎにトップを抜き、2時間24分22秒でゴール。前半と後半...    
<記事全文を読む>