思うようなレースができず、苦しみ続けてきた日々を振り払った。29日、大阪市を舞台に行われた大阪国際女子マラソンで、5年ぶり2度目の頂点に立った重友梨佐選手(29)=天満屋。栄光も挫折も味わったベテランが見事な復活を遂げ、競技人生“第2章”を力強く踏み出した。

 2度目のマラソン挑戦で2時間23分23秒の好記録をマークし、ロンドン五輪出場を手繰り寄せたのは2012年大会だ。名門の系譜を受け継ぎ、天満屋勢として4大会連続のマラソン五輪代表入りを果たした。

 だが、故障もあって五輪は79位に沈み、夢舞台は失意のうちに幕を閉じた。以降はなかなか結果を残せず、「何も知らずに走った」かつての自分を超え...    
<記事全文を読む>