第57回県冬季ロードレース大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会主催)は29日、上山市金瓶などをスタートして山形市の山形メディアタワー前をゴールとするコースで競技を行った。ランナーは冬空の下、沿道の声援を受けながら力強く駆け抜けた。

 個人、団体の計8部門で競った。個人の一般男子10キロは森谷修平(山形市役所)が3大会ぶりの栄冠をつかみ、高校男子10キロは1年生の荒生実慧(酒田南)が制した。一般・高校女子5キロは五十嵐梨菜(山形城北高)が2連覇を達成。中学3キロは男子が田島洸樹(米沢二)、女子は和賀楓(酒田四)がそれぞれ優勝した。チームの上位選手で争う団体では高校男子(5人)の酒田南...    
<記事全文を読む>