第58回県郡市町対抗駅伝競走大会「夢ふる とちぎ路駅伝」(栃木陸上競技協会、下野新聞社など主催)は29日、県庁-栃木市総合運動公園陸上競技場間を往復する10区間60・02キロで行われ、那須塩原Aが3時間4分18秒で2年ぶりに総合優勝を勝ち取った。2位は往路で初優勝を飾った大田原A、3位は2連覇を狙った佐野Aだった。沿道では7万6千人の観客が見守り、郷土の誇りを背負って疾走するランナーたちに大きな声援を送った。

 午前9時15分から行われた開会式は、福田富一(ふくだとみかず)知事や県内自治体の首長らも出席し出場チームを激励。同10時、晴れ渡った冬空の下、1区の中学女子選手30人が一斉にスタ...    
<記事全文を読む>