陸上の世界選手権(8月・ロンドン)の日本代表選考会を兼ねた、大阪国際女子マラソンは29日、大阪市のヤンマースタジアム長居発着で行われ、2012年ロンドン五輪代表で29歳の重友梨佐(天満屋)が2時間24分22秒で優勝した。日本陸連の派遣設定記録の2時間22分30秒には及ばなかったが、代表入りに前進した。

 重友は後方から追い上げ、35キロすぎに先頭に立った。2位は2時間25分44秒の堀江美里(ノーリツ)で、3位は田中華絵(第一生命)。昨夏のリオデジャネイロ五輪代表の伊藤舞(大塚製薬)は11位だった。世界選手権代表枠は最大3。選考レースは3月の名古屋ウィメンズが残っている。(スタート時曇り、...    
<記事全文を読む>