昨年2位の堀江美里は、初優勝を視界に捉える。前回は故障明けで前半を抑え、終盤に失速した選手を相次いで抜き去った。この1年は大きなけがもなく、昨夏には豪州で2時間26分40秒の自己ベストをマークするなど、自信を深めている。

...    
<記事全文を読む>