第93回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)に9年連続で出場した群馬県の上武大駅伝部の近藤重勝監督や松村脩平新主将らが27日、前橋市古市町の上毛新聞社を訪れ、北村幸雄社長に往路8位と健闘した結果を報告した。  訪れたのは選手や監督、同大の渋谷朋子理事長ら6人。同大は来年創設50周年を迎え、駅伝部は10度目の箱根路を狙う。

...    
<記事全文を読む>