リオデジャネイロ五輪マラソン代表の伊藤舞(大塚製薬、京都橘高-京産大出)が29日の大阪国際女子マラソンで、46位に終わった五輪の雪辱を目指す。リオは直前のけがで不本意な結果に終わった。「五輪に向けて作り上げた成果を無駄にしたくない」と、32歳のベテランの闘志は衰えていない。

...    
<記事全文を読む>