第22回全国都道府県対抗男子駅伝大会が22日に広島市で行われた。北海道チームの一員として札幌日大高3年の坂井大我(たいが)さん、ともに札幌山の手高2年の金橋佳佑(けいすけ)さんと石田光輝(こうき)さんの高校生3人が出場し、全国の精鋭と健脚を競った。

 大会は中学生2人、高校生3人、大学・社会人2人でつくる都道府県の代表47チームが、7区間48キロを走った。3人は昨年11月の選考会で好成績を収めて代表入りした。札日大高2年の斎藤晃太さんも代表に選ばれたが、本番では控えに回った。

 北海道は2時間23分31秒で29位。3人は懸命の走りでチームに貢献した。(荒木太郎)

...    
<記事全文を読む>