2月19日に熊本市で開催される「熊本城マラソン2017」を前に、五輪出場選手と子どもたちの交流イベントが22日、中央区の九州ルーテル学院であった。菊池市出身でロンドン五輪陸上男子代表の江里口匡史選手(28)=大阪ガス=と、リオデジャネイロ五輪女子レスリング金メダリストの登坂絵莉選手(23)=東新住建=がスポーツの魅力を伝えた。

 同マラソン協賛企業のアシックスが取り組む被災地応援活動。マラソン参加者とその子どもら約120人が参加した。

 江里口選手と登坂選手は「未来を変えるスポーツの力」をテーマに対談。登坂選手は「メダルを取って、最初に出たのが支えてくれた人々への感謝の言葉だった。今まで自...    
<記事全文を読む>