広島市の平和記念公園前を発着点に22日開かれた全国都道府県対抗男子駅伝(7区間、48キロ)で、県チームは3位入賞を果たした。タイムは2時間20分31秒だった。

 19位でたすきを受けた2区の服部凱杏(かいしん)選手(千種中三年)が区間2位のタイムで8位まで上昇。3区の山口浩勢選手(愛三工業)が、7人を抜いてトップに躍り出る力走を見せ、先頭でたすきをつないだ。

 4、5区で順位を下げたが6区の馬場勇一郎選手(上郷中3年)も区間2位と好走。アンカーを任された神野大地選手(コニカミノルタ)は力強い走りで3位集団に追いつくと、最後は集団を抜け出してゴールテープに飛び込んだ。

 前回優勝メンバーでチー...    
<記事全文を読む>