第22回全国都道府県対抗男子駅伝(平和記念公園前発着=7区間、48キロ)の開会式が21日、広島市の広島国際会議場であり、参加した47都道府県の選手らが熱戦を誓った。

 式では、今年の国体開催地である愛媛の秦将吾主将(山梨学院大)が「愛媛国体で郷土の選手たちのエールとなるよう一本のたすきに思いを込め、力強く走り抜き、沿道にふるさとに笑顔と感動の花を咲かせたい」と選手宣誓を行った。

 レースは22日午後0時半にスタートする。

...    
<記事全文を読む>