【名護】第58回NAGOハーフマラソン大会(主催・同実行委員会、共催・名護市、市教育委員会、琉球新報社、沖縄陸上競技協会、NPO法人市体育協会)が22日午前、名護市陸上競技場を発着点に羽地内海コース(21・0975キロ、日本陸連第3種公認)などで開催された。2474人がエントリーした最長のハーフマラソンは午前9時10分の号砲と共に選手が一斉にスタートした。全種目では3240人(伴走1人)が出場し、桜が咲く季節に、風光明媚(めいび)なやんばる路で覇を競った。

 大会にはハーフマラソンのほか、10キロコースに488人と伴走1人、3キロコースは一般83人、親子194人がエントリーした。地元名護市...    
<記事全文を読む>