第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は22日、広島市の平和記念公園前を発着点に7区間48キロで行われる。今回、本県は大会本部が算出した持ちタイムのランキングで5位。前回17位だった本県の染宮唯二(そめみやゆうじ)監督(小山西高教)は「最低でも8位には入りたい」と5年ぶりの入賞へ力を込める。

 ランキングでは表彰台に届く位置にいる本県。しかし、数字以上に大きいのは前回けがで欠場した横手健(よこてけん)(富士通)の存在で、大黒柱がチームを勢いづかせている。元日の全日本実業団駅伝で4区4位と好走し、今回はアンカーとしてチームの核を担う。

 前回は1区走者が転倒するアクシデントで出遅れただけに...    
<記事全文を読む>