第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は22日、広島市の平和記念公園前を発着点に7区間、48キロで行われ、各都道府県の代表ランナーが古里の誇りをたすきに込めてゴールへつなぐ。開会式は21日午後4時から同市の広島国際会議場で行われる。  昨年6位の本県代表は優勝を目標に掲げる。アンカーは全日本実業団対抗駅伝で各チームのエース級が走る最長4区で区間2位と好走したふるさと選手の今井正人(トヨタ自動車九州、原町高卒)が務める見通し。

...    
<記事全文を読む>