第22回全国都道府県対抗男子駅伝は22日、広島市の平和記念公園前を発着する7区間48キロであり、兵庫は2年ぶりの入賞に照準を合わせる。過去優勝5度の兵庫は、ここ3年で10位、7位、9位と入賞(8位)ラインでの争いが続く。一般区間は、2大会連続アンカーを務めた中谷圭佑(駒大)が調整不足でメンバーを外れ、伊藤和麻(住友電工)を登録。高校生は西脇工高の加藤淳、須磨学園高の岩見秀哉、酒井耀史と力のあるランナーがそろった。(井川朋宏)

...    
<記事全文を読む>