【本部】第38回海洋博公園全国トリムマラソン(主催・国営沖縄記念公園事務所、同実行委員会、共催・本部町、琉球新報社、沖縄美ら島財団)が15日、本部町の海洋博公園を発着点に開催された。

 最も長い10キロの備瀬福木並木コースは、男子は26歳の下地由祐(浦添市)が35分49秒で4年ぶり4回目の優勝を飾り、女子は57歳の喜舎場梨枝(中城村)が48分32秒で初優勝した。好機をうかがい残り1キロで加速/下地、前年覇者を逆転 男子10キロコース、残り1キロ。トップを走る昨年の覇者・宇茂佐隼人(35)=本部町=とは、まだ差があったが、下地由祐(26)は勝利を確信し、その背中を追った。「スピードは得意。...    
<記事全文を読む>